宮崎県大学春季バレーボール選手権大会

結果

男子|女子

ファイル

大会要項

主催

宮崎県大学バレーボール連盟
宮崎県バレーボール協会

開催期間

令和5年4月29日(土)・4月30日(日)

会場

宮崎大学 体育館
駐車場は宮崎大学内に設営されている駐車場の区画線が黄線以外の所を使用

参加資格

令和5年度において宮崎県バレーボール協会に有効に登録された大学
各チーム出場する監督・コーチ・マネージャー及び選手全員がJVA-MRSの加入選手一覧に登録されており、登録料が納付済みになっていること。登録及び登録料の納付ができていない場合は、原則としてその監督・コーチ・マネージャー及び選手の出場を認めない。
チーム数の増加による大会振興目的のため、各大学の大学院生及び医学部の5・6年生の選手の参加を認める。ただし、必ずJVA-MRSの加入選手一覧に登録してあり、登録料が納付済みになっていること。個人賞の選考に関しては各大学の大学院生は選考対象から除外する。

競技規則

2022年度(公財)日本バレーボール協会6人制競技規則による

競技方法

第1日目 4月29日(土)
9:00 開会式(女子のみ)
9:50 第一試合開始(予定)
第2日目 4月30日(日)
9:00 開会式(男子のみ)
9:50 第一試合開始(予定)
2日とも全ての試合終了後、閉会式を行う。

試合は、25点先取ラリーポイント3セットマッチとする。(24対24の場合は2点リードに達するまで続行)
コロナ感染防止対策として、時間短縮のため3セット目は15点先取とする。(14対14の場合は2点リードに達するまで続行)
試合球は、(財)日本バレーボール協会検定5号球とする。今大会は、女子はミカサ製 V300W、男子はモルテン製 V5M5000を使用し、各チームから1球ずつ試合球を出す。(※ミカサ製 V300Wは新球を出す。)

申込方法

(1)書式「令和5年度春季宮崎県大学バレーボール選手権大会参加申込書」に必要事項を入力し、Excelの状態で下記のメールアドレスまでファイルを添付しJVA-MRS「加入選手一覧」のPDFファイルと合わせて、送信すること。件名は「令和5年度春季宮崎県大学バレーボール選手権大会 ○○大学Aチーム」とすること。
(2)申込先 宮崎大学女子バレーボール部 廣島 沙羽
TEL 080-3901-8642
Mail ff21084@student.miyazaki-u.ac.jp に送付

参加料

1チーム4000円 ※代表者会議の時に徴収します。

チーム

(1)大会申込み時のエントリーは、部長・監督・コーチ・マネージャー・すべての必要事項(背番号、氏名、学年、身長、出身校、JVA登録番号)を明記した選手とする。(ただしマネージャーは当該大学生であること。)
(2)各試合時のエントリーは、部長・監督・コーチ・マネージャー各1名、選手14名以内の計19名以内とする。なお、13名以上の選手が試合出場するときは2名のリベロプレーヤーをエントリーしなくてはならない。

締め切り期日

令和5年4月14日(金)必着

運営方法

2試合目以降は前試合終了後のベンチ消毒後、公式ウォームアップを開始する。2試合目以降もプロトコールに沿って行う。前試合終了後にプロトコールの時間を放送する。
試合は男女別日に行い、女子は29日、男子は30日に行う。
審判の人数が少ないため、今大会のみ副審は各チームから出ること。
部長、監督、コーチ、マネージャー、トレーナーの記章はチームで準備する。記章のついていない場合は、ベンチに入ることを認めない。なお、記章は胸につける。

代表者会議

○日時 各日 8:40頃より  
○場所 宮崎大学 体育館
※各チームの代表者1名は、必ず出席すること。時間に遅れないよう注意する。館内放送をかけるのでよく聞いておくこと。

その他

〈個人賞〉
最優秀選手賞(男・女1名ずつ)
スパイク賞(男・女1名ずつ)
ブロック賞(男・女1名ずつ)
サーブ賞 (男・女1名ずつ)
リベロ賞 (男・女1名ずつ)
セッター賞(男・女1名ずつ)
ベスト6 (男・女6名ずつ)
スパイク賞、サーブ賞、ブロック賞の選考に関しては、例年試合をしていないチームから特記という形で協力をお願いします。
試合の組み合わせについては、代表者会議のくじ引きで決定する。
各大学部活動状況により、チーム数に変動がある可能性がある。
本大会は九州大学バレーボール連盟の補助事業である「県学連試合再開バックアップ事業」の補助により開催されます。

コロナウイルス感染症対策

コロナ感染防止対策については JVA バレーボール大会運営ガイドライン(2022.04.22更新版)に則って実施する。各チーム体調の管理をして大会に参加すること。
(1)JVA バレーボール大会運営ガイドライン(2022.04.22 更新版)に則って実施する。感染リスクへの対応が整わない場合及び感染疑いが出た場合は中止または延期する。
(2)選手及びチーム関係者は大会参加2週間前からの体温、咳やのどの痛みの有無、県外への移 動等を記録しておくこと。
(3)マスク、消毒液、非接触型の体温計は各チーム持参すること。
(4)大会中は、毎日検温と体調チェックを行い、発熱者がいないか本部に報告すること。
(5)試合終了毎にボール、イス、アップゾーン、ラインフラッグなど使用したものの消毒を各チームで行う。
(6)補助役員はマスクを着用すること。
(7)大会終了後2週間以内に新型コロナウイルス感染症を発症した場合は学連事務局に速やかに報告すること。
(8)本大会は有観客試合とする。

その他 

(1)選手番号は1~99の数字とする。なお、大会エントリー申し込み用紙に必ず背番号を記入しておくこと。
(2)部長・監督・コーチ・トレーナー・マネージャー章は規定のものを用いること。
(3)エントリー選手の変更及び背番号の変更は代表者会議終了までに行うこと。それ以降の変更は認めない。
(4)大会期間中に選手が負傷した時、応急手当(医師にみせるまでの応急処置)はするが、それ以後の変更は認めない。
(5)大会を棄権する時は、必ず申込締切日までに大会本部(下記の所)に連絡すること。
   

Category



ページ上部へ戻る
%d