やいちゃっ亭のお肉

投稿日:

待たせたな。

木曜日担当の迫口だ。

 

別に上から目線で肉の魅力を伝えようとしている訳ではないが、ある意味バレーという競技は高さが重要になるのは言うまでもない。

 

 

このブログを読んだ時、まるで2メートルのバレー選手がネット越しに睨みを利かせ、あなたがスパイクを打とうものなら最高到達点330センチのブロックにシャットアウトされる気がするのは、仕方がない事だ。

 

なぜならば、書いているのはバレーと肉の頂点を極めたこの私だからだ。

残念だが、その現実は一旦受け入れた方がいい。

 

肉の旨さを知る者と知らない者では、プレーに差が出て、試合の結果にも影響してしまうのだから。

 

 

 

 

ちなみに私の身長は175センチで、極めたのはバレーの撮影だ。

 

 

 

 

さて、肉に話を戻そう。

この七輪を見て、ハッとした者がいたら、それは市役所職員くらいだ。

市役所のすぐ近くにある焼肉店「やいちゃっ亭」では、新鮮な牛豚鶏の肉が食べられると評判である。

一部だがメニューはこんな感じだ。

え?  高い!?

と思ったあなたは、まさにブロックでシャットアウトを食らった時の顔をしている事だろう。

よく右上を見ると、希少部位と書いてある。だから比較的高めの設定なのだ。

 

ここに気付かないようでは、相手セッターの巧みなトスに振り回されるセンターと同じだ。1人時間差にしてやられるのだ。

 

 

 

メニューはもちろん他にもある。

どうだ。

 

まるで、自分のミスで連続失点をして、監督の顔を見たら激おこ状態だったが、次に相手がサーブをミスした時くらいに落ち着いた事だろう。

 

値段もホッとする安心価格だ。

 

 

 

 

 

これが1人時間差だ。

 

 

 

 

さて、相手チームの戦力分析と肉の選択に余念がない俺は、迷いに迷って注文した。

 

赤身系と心臓系とホルモン系だ。

系は気にすることはない。

俺が注文したものを覚えてないだけだ。

 

 

しかし美味い・・・その一言だ。

 

 

 

 

肉について長々と語るのは遠慮しておこう。

別に記事を書くのに疲れたからではない。

結婚式のスピーチとスカートは短い方がいいと、よく先輩方から教わったからだ。肉の記事もそうに違いない。

 

 

ちなみにウーロン茶は毎日29円とお得だ。

 

 

 

 

あなたが人生の途中でつまづいたり、

顔面にスパイクを受けて凹んだり、

味方の強烈なサーブが後頭部に当たってネットの網目が顔に付いたりした時は、このやいちゃっ亭に来るといい。

 

 

きっと、肉達が癒してくれることだろう。

 

やいちゃっ亭

http://www.yaichattei.com/miyazaki.html

〒880-0001 宮崎市橘通西1-3-9
電話0985-25-1129
定休日:月曜